インタビューVol.3:辻下さん

2009年入社 システム開発本部 辻下さん

お客さまの需要やデバイスに
最適な対応ができるSEになることが目標

金融という1つのジャンルを極められるのが魅力

前職はシステム開発の会社に勤務して、自社および他社のシステム開発案件に携わっていました。非常にやりがいを感じる仕事ではありましたが、「より規模の大きなシステムの開発を経験したい」と思うようになったのが転職を決意したきっかけでした。
システムオリコはオリコグループ企業として安定感がありますし、金融という1つのジャンルに対する知識をじっくり蓄積できるという点も魅力でした。金融業は社会において無くてはならない業種ですから、それに関する知識を身につけることができるのは、自分の将来にとってプラスになることだと思います。私自身がオリコカードを以前から所有していたということもあり、親近感も抱くことができました。

オリコの収益にダイレクトに影響する重要システムを担当

現在オリコカードはWeb上で新規カードの申し込みから審査・可決までを実行できるのですが、そのWebシステムのアプリケーション保守が私の担当業務です。2011年からこのWeb申込システムが稼働し、私は2013年から保守フェーズのリーダーを任されています。Web申込システムは、オリコにとってもオリコの顧客にとっても非常に影響の大きいシステムです。オリコの収益にダイレクトにつながる重要な存在でもありますので、絶対にトラブルなどで停止させるわけにはいきません。個人情報を扱うので、セキュリティー面にも細心の注意を払う必要があります。責任感やプレッシャーを感じることもありますが、SEとしてたいへん勉強になる環境だと思い、自分を奮い立たせています。

保守と開発、2つのミッションを同時に進めるという貴重な経験

Web申込システムに新しい機能を追加したいというオリコからの要望が多々あります。しかし、新しい機能を追加すると、既存システムにトラブルが発生する可能性もあり、保守と開発という2つのミッションをスムーズに進めるということは、とても難易度の高い仕事です。そのぶん、通常の開発案件よりもハイレベルな経験を積めるので、日々の業務に刺激ややりがいを感じることができます。

今後の課題はスマートデバイスへの最適化

Web申込システムはPC・スマートフォン両方に対応していますが、2013年にはiPad最適化バージョンもリリースされました。この開発に携わった半年間は、今まで担当した業務の中でも特に印象深い経験が出来ました。既存のシステムを普段通り稼働させながら、それに影響が出ないようにリニューアル作業を行うという点に非常に頭を悩ませました。タッチパネルの動きに最適化させたり、手書き入力ができる仕様を採用したり、お客さまの意識に沿ったものを実現するという苦労もありました。iPad最適化バージョンの申込システムは、加盟店店頭に設置しての利用が想定されており、オリコのクレジット利用を検討しているお客さまの興味を引くためには、視覚的に訴求力の高い設計が求められます。苦労もありましたが、最終的にトラブルもなく納得のいくシステムを完成させることができて満足しています。
今後もさらにスマートデバイスへの最適化が求められてくるでしょうから、私たちにとっての新たな課題だと受け止めています。

業界全体の動向やトレンドも常にキャッチ

オリコの収益に直結したシステムを扱っているので、品質・納期共に非常に高い信頼性を求められるのが現在の業務です。SEとして、より責任感を持って仕事に取り組むようになりました。クライアントの信頼を獲得するために、今後も品質、納期の改善を目指して努力していこうと思います。
今後は社内だけではなく、IT業界全体の動向やトレンドもチェックして、最新かつ最適な方法を取り入れながら業務を進めることが目標です。そのためにも外部セミナーなどを積極的に受講したいと思っていますが、システムオリコはそんな姿勢をサポートしてくれる企業です。

新しいことを積極的に吸収したいと思う方、自発的に学んで日々成長していける方を待っています。

プロフィール

システム開発本部 辻下さん

2009年に入社し、オリコカードWeb申込システムの保守を担当。iPad最適化バージョンの追加開発などの重要プロジェクトに携わり、2013年からは保守チームのリーダーを務める。