インタビューVol.1:岡部さん

2009年入社 システム運用本部 岡部さん

会社の土台となる重要な基幹システムの
上流工程に携わるのはエンジニアの醍醐味

大企業の基幹システムに関われるという充実感

以前はフリーランスで契約していた会社からシステムオリコに常駐して、業務に携わっていました。しかし、私の中で「もっと上流の工程に携わりたい」という思いが強くなり、この会社への転職を決意しました。正社員になってからは数多くのシステムの上流工程から関わることができるので、非常に大きなやりがいを感じています。最新のシステムに触れることができることも、エンジニアにとってたいへん魅力的です。オリコグループという大きな企業を支える基幹システムの構築に携わることができるという充実感も日々感じています。

エンジニアとして多彩な経験が積める魅力的なフィールド

現在はオリコの基幹系システムをメインで担当しています。システムインフラ基盤に関しての企画提案や要件定義などの上流工程から、設計、構築、試験、稼働後の運用管理までを行います。各工程の進捗管理や状況確認、完成したシステムのクオリティーチェック、システムが稼働し始めたら障害管理や稼働管理など、円滑な運用を実現するのも私たちの仕事です。設計のフェーズに進んだら、パートナー会社の選定やディレクション業務などを行うこともあります。業務内容は非常に幅広いので、エンジニアとして多彩な経験が積めるのがこの仕事の魅力です。

求められているのは、PMとしてのリーダーシップや提案力

1つのシステムを完成させるためには、インフラチームやセキュリティーチームなど、さまざまな部門の人材を統括する必要があります。また、各プロジェクトにどのくらいの予算や人材を投じるか、総合的に考えて提案をするのも私の役目です。エンジニアとしてではなく、「プロジェクトマネージャー」としてのリーダーシップや管理能力が求められます。責任の大きな仕事ではありますが、それだけ私のアイデアを形にすることができるので、非常にやりがいを感じています。

自分の成長を実感できるハイレベルな環境

数年前から、カード業界にはクレジットカード会員データを安全に取り扱う事を目的に「PCIDSS」というセキュリティ基準が策定されました。オリコはPCIDSS認証取得に向けて、様々なセキュリティ強化対策を既存のシステムに導入する必要がありました。私はこの重要な仕事の進捗管理・課題管理を担当する事務局の1人として携わることになったのです。すでに稼働しているシステムの中に新たな仕組みを導入するのは非常に難しいことです。慎重に進めなければ、稼働しているシステムを妨害する可能性もあり、とても難易度の高い仕事でしたが、プロジェクトに携わる様々なメンバーとの意見交換を行ったり、綿密な要件定義やテストを繰り返したりして、無事にプロジェクトを成功させることができました。このときの経験は、今後エンジニアとして業務を進める上で大きな糧になると思います。

充実した資格取得支援制度で社員の成長をサポート

2000年から関連会社のスタッフとしてシステムオリコに関わっていたので、入社前から仕事の進め方や社風はある程度理解していました。システム会社独特の殺伐とした雰囲気はなく、とても和やかで人間関係も円滑。ここは、「長くいられる会社」だと思いました。資格取得支援制度も充実していて、会社が社員の成長をサポートしてくれる環境にも惹かれました。私も上流工程に携わるだけではなく、これらの支援制度をうまく活用してさらに細かな技術も身につけていきたいです。

優秀なPMを目指し、トータル的な知識や能力を身につけたい

まずはプロジェクトマネージャーとして、さらに幅広い仕事をこなせるようになることが目標です。与えられたオーダーに対して、最適なシステムを最新動向に基づいた形で提案できるようになりたいですね。プレゼンテーション能力や契約管理のスキルなど、さまざまなことを総合的に身につける必要がありますが、それをバックアップしてくれるのがこの会社です。

システムオリコでは、ただ技術力があるだけではなく、プロジェクトを管理するリーダーシップを発揮できる人材を求めています。オリコ(業務要件、システム要件)とエンジニア(運用要件)双方からのニーズを吸い上げ、その上で自分の意見を取り入れながら、上流工程で折衝能力を発揮できる人材がベストです。

プロフィール

システム運用本部 岡部さん

2000年からパートナー会社スタッフとしてシステムオリコのシステム管理に携わった後、2009年に正社員として入社。現在は数多くのシステムの上流工程から設計の運用管理までを幅広く手がけるプロジェクトリーダーとして活躍中。