社内イベントの開催:2016年

第19期上期シスオリ賞 表彰式開催 2016年12月14日掲載

10月13日 システムオリコ本社(護国寺)にて「第19期上期シスオリ賞表彰式」が開催されました。
創意・工夫によって大規模プロジェクトの品質改善やコスト削減に貢献した案件、サイバー攻撃に対応するセキュリティ強化を実現した案件など計25件の推薦があり、その中から各賞に選ばれた10件・計41名に対して、前田社長から表彰状と副賞の授与が行われました。
今回の表彰では機能別に別れていた端末を仮想化技術を用いることで集約し、コスト削減につなげたチームが最も優れた案件として金賞に選ばれました。
また、あわせて長期に渡るプロジェクトでの貢献など3名の方が特別賞として表彰されています。

第1回TQC活動発表会開催 2016年07月01日掲載

当社では2015年度より全社的なTQC活動を始動させました。当活動では、3~5名程度の小集団(QCサークル)を組成し、業務上生じる様々な問題・課題の解決に取組んでいます。
2015年度は全6サークルを組成し、オリコ及び各グループ会社で使用している端末管理業務の運用改善などそれぞれテーマを設定し活動を行いました。
5月19日にはシステムオリコ本社(護国寺)にて「第1回TQC活動発表会」を開催し、各サークルが活動成果やそのプロセス等の発表を行いました。当日は活動メンバーをはじめ、約50名の社員が発表会へ出席し、他チームの改善事例を参考にノウハウの共有化を図りました。
TQC活動は今後も継続的に行っていきます。

オリコ第56期社長賞≪優良賞≫受賞! 2016年07月01日掲載

第18期下期シスオリ賞表彰案件の中から「口座振替データ反映処理の平準化・前倒しを実現」がオリコ第56期社長賞「優良賞」を受賞しました。
これは処理遅延が懸念されている処理を分析しつつ対外折衝を適切に行うことで、最適なデータ処理運用モデル構築を費用をかける事なく対応したことがオリコ側に評価されたものです。

第18期情報セキュリティに関する標語 最優秀作品発表 2016年06月17日掲載

情報セキュリティに対する意識向上を図ることを目的に、全従業員参加型の「情報セキュリティに関する標語」の募集を実施しました。第18期は234件の応募の中から、13件の優秀作品が表彰されました。優秀作品については従業員が日常的に情報セキュリティの意識が持てるようにポスターを作成し、社内掲示しています。
今年度は最優秀賞として『ネット社会 便利と危険は 直ぐ隣』が選ばれました。

第18期下期シスオリ賞&情報セキュリティに関する標語 表彰式同時開催 2016年04月19日掲載

4月15日 システムオリコ本社(護国寺)にて「第18期下期シスオリ賞」と「セキュリティに関する標語」受賞者の表彰式を開催し、当日は受賞者のほか関係者約80名が参加し大変盛況な会となりました。
今回のシスオリ賞はプロジェクト案件、業務効率化や品質向上につながる案件などで計24件の推薦があり、その中から11件(45名)が表彰されました。最優秀「金賞」には「試験の自動化を実現し、試験効率と品質の向上を実現」した案件が受賞しました
また、特別表彰として「永年のプロジェクト貢献」と[継続した自己研鑽と業務貢献」を評価された2名、「継続的なシステム安定稼働への貢献」を評価されたパートナ会社2社が表彰されました。
各賞受賞者の方には前田社長から表彰状と副賞の授与が行われました。
「情報セキュリティに関する標語」の表彰では受賞作品13作品に対して表彰が行われました。